何が残念?幻の2.8mm超薄型無線充電器

タオバオのクラウドファンディングサイトで掲載された製品の紹介です。

何が残念?幻の2.8mm超薄型無線充電器

投資金額
13,109元を集めています。日本円で約220,908円です。予定の100,000元を越えられなかったので生産されないようです。

日数状況
2018/05/24時点で投票終了です。

参加人数
79人が参加したようです。

元ページのリンク
https://izhongchou.taobao.com/dreamdetail.htm?id=20075675&smToken=7cd925bbae6549769959e1f6878c50f4&smSign=5AW0%2FzW%2Fop0XYikCdsvl6Q%3D%3D

製品単価
158元、日本円で約2,664円です。

投資状況や為替レートなど2018/07/12現在のものです。

従来型の固定式無線充電器は充電が遅い、位置を固定しなくてはいけない、放熱ファンがうるさい、そもそもスマホより大きいと使いにくさ、持ち運びにくさが問題でしたが・・・・

該商品は厚さ2.8mm、一円玉と同じ。しおりみたいに本に挟んで保存することもできます。

充電中の温度上昇は充電効率やバッテリー に大きな負担をかけますが、該商品はほとんど発熱しません。最大出力10W、従来型充電器の2倍速度で充電できます。

小型デザインでデスクのそばに置くことも可能。充電とワークを無理なく両立できます。充電完了後は自動で送電停止、電磁波の影響もなく安心して眠ることができます。

中国ブランドだけでなく、日本やアメリカのブランドもカバーしている非常に優れた商品。マウスパッドやソケットも含めたセット販売も行っています。

しかし無線充電器そのものがパワーバングほどの多様性を持っていなかったせいなのか、思った以上の支持を得られず残念ながらお蔵入り。飽和状態のスマホ機器としては今ひとつオリジナリティがなかったようです。

Similar Posts:

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*