2016年の中国ビリヤードチャンピオン監修!スマホと連動!ビリヤード用スマートキュー

タオバオのクラウドファンディングサイトで掲載された製品の紹介です。

スマートビリヤードキュー

投資金額
2,027,544元を集めています。日本円で約○○円です。予定の100,000元を超えていますので生産されるようです。

日数状況
2018/02/12時点で投票終了です。

参加人数
7,056人が参加したようです。

元ページのリンク
https://izhongchou.taobao.com/dreamdetail.htm?id=20073587

製品単価
599元、日本円で約1万31円です。

投資状況や為替レートなど2018/03/18現在のものです。

2016年の中国ビリヤードチャンピオン監修、ビリヤードを愛する7,000万人への贈り物。それが該商品、スマホと連動するキューです。スマホと連動することでビリヤード台ではもちろん、家庭やバーで一杯やりたいときの余興に使うこともできます。

人体科学に則った設計で姿勢矯正や競技能力の向上にも効果を発揮します。漆を使わずに滑らかな作りと手触りを実現、前面はアメリカ産のハゼから採ったワックス、後面はインドネシア産のシタンで彩られデザインにもひと工夫加えられています。

チョークを含め698元=約11,688円で、普通中国で売られているキューの倍以上の値段はしますがそれだけにこだわり抜かれた性能を持っているのでしょう。

ちなみにこちらはチャンピオンの石漢青(せきかんせい)が刻名した特別仕様のもので18,800元=314,819円。これはさすがに別格ですね(汗)

あらゆるご娯楽の電子化が進んでいるが現代ですが、ビリヤードもその仲間入りを果たしました。これからは会社の社長室に行くと社長が空(くう)に向かって球を打っているかもしれないですね。

Similar Posts:

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*